ビデオ撮影料金の目安

撮影料金の目安について

「@ビデオ撮影.net」で は、手配できるビデオ撮影業者が多数おり、様々なビデオ撮影に関するご依頼を柔軟に受け付けていますので、一律の料金表のようなもののご提示が難しいので すが、比較的多いご要望に関して、これまで弊社でお受けした「実際の料金の実績」を掲載いたしますので、ご参考にされてください。(すべて税込みの総額表 示)

依頼する業者の実績、日程・シーズンにより変動するため、完全に以下のとおりの料金にはならないケースはありますが、およその水準はご把握していただけるものと思います。

個別の具体的なお見積もりに関しては、お気軽にお問合せください!!

 

結婚式・ブライダルビデオ

結婚式の撮影では、副業業者などによる「格安」サービスが多くなっていますが、「@ビデオ撮影.net」では結婚式の実績の多い専業ビデオ撮影業者を手配しますので、料金としては、標準的な水準となります。

(実績の例)

・ 結婚式の実績1000回以上のカメラマンによる披露宴のビデオ撮影・撮影後の編集・DVD制作(タイトル・スピーチの方の名前のテロップ挿入等の編集作業含む)

10万円 (総額表示)

 

ホテル等での結婚式のビデオ撮影の場合、会場から「カメラ持ち込み料金」を請求されることがあります。それら料金は、お客様ご自身にご負担いただくことになります。

 

講演会・セミナー撮影

講演会やセミナーの撮影は、事後にあまり編集を必要としないケースが多くなりますので、それほど料金にずれは出にくい撮影内容ですが、拘束時間が長い場合、カメラの台数が多い場合などには高額になるケースがあります。

(実績の例)

・ 公的機関の社内セミナー(2時間程度)の業務用カメラでのビデオ撮影のみのテープのお渡し(編集なし)

6万5千円 (総額表示)

(実績の例)

・ 商品説明の2時間のセミナーのビデオ撮影、業務用カメラ1台で撮影(拘束時間4時間程度)、タイトル及び公演者のテロップ挿入、納品物VHSまたはDVD数本まで、

8万4千円 (総額表示)

(実績の例)

・ 講演会、午前10時から夕方6時まで、業務用カメラ2台で撮影、現場スイッチングによる編集(事後編集はほとんどなし)、DVD及びマスターテープ渡し

18万円(総額表示)




幼稚園・学校行事・サークル活動などのビデオ撮影

幼稚園や学校行事、自主的なサークル活動等のビデオ撮影では、配布する人数が多くなれば一本(一人)あたりの料金を低くすることが可能ですが、20本程度以下でのご依頼の場合は少々割高な料金となります。

(実績の例)

・ 児童劇団の発表会の撮影 カメラマン1人・カメラ2台(民生機レベル)で撮影、撮影1日拘束、撮影したものをベースにビデオ制作・納品DVD50本

17万5千円 (総額表示)

 

 

発表会・演奏会のビデオ撮影

舞台やホールなどで行う演奏会や発表会の場合、グレードの高い業務用カメラを使用しますので、幼稚園の行事などと比べると料金は高額になります。

(実績の例)

・県立高校吹奏楽部の卒業公演、業務用カメラ1台(民生機レベル)・カメラマン1人で撮影。納品物VHS40本。

14万円(総額表示)

(実績の例)

・ 県立高校の吹奏楽部の定期演奏会のビデオ撮影、カメラマン2人、業務用カメラ3台で撮影、納品物VHS、DVD混在合計60本、引退する卒業生のメッセージ等も挿入する編集作業

30万円(総額表示)

(実績の例)

・町民会館での和太鼓の音作りのイベント、カメラマン2人、業務用カメラ3台で撮影、納品物VHS・DVD混在合計200本(ラベル印刷、パッケージング込み)

50万円(総額表示)

(実績の例)

・芸能プロダクションの劇団の撮影、カメラマン2人、業務用カメラ3台で撮影、納品物VHS・DVD混在合計200本(ラベル印刷、パッケージング込み) 上記とほぼ同様の構成

50万円(総額表示)

USTREAM ライブ配信

お見積り例:
拘束時間4時間程度以内
ハンディカムタイプのビデオカメラの用意(SD画質)
ワイヤレスピンマイク1台用意(出演者は2人まで)
三脚使用によるカメラ位置は固定での配信
(カメラを左右上下に振る、ズームなどは可能)
PCとカメラの電源が確保でき、e-mobile での接続ができる場所からのライブ配信
(お客様環境内で有線インターネット接続が使用できる場合にはそれを使用。撮影場所に有線によるインターネット接続が無い場合には、画質の低下やライブ配信の遅延などが大きくなります。)
Ustream のアカウントは、当社がすでに作成したものを利用するか、お客様がご用意されたものを利用可能。


お見積金額:
4万2千円 (総額表示、都内交通費込み) 

 

プロモーションビデオの制作

プロモーションビデオの制作に関しては、「プロモーションビデオ制作」のページに記載しているとおり、十数万円で済むケースから、何百万円のものまで、様々です。プロモーションビデオの制作は、主に機材・施設のレンタル料金と、人件費の積み上げによって料金が決定します。

おおむね、

プロのカメラマン1人・1日の撮影だけの料金で、5万円(総額表示)~

1日かかる編集作業で、5万円(総額表示)程度以上

に加えていくつか作業・機材のレンタルの費用となります。

プロモーションビデオの制作で通常1日で編集が終了することはありませんので、

総額 20万円程度(総額表示)

から承ることが一般的となります。

詳しくは、ご要望に基づいて、いくつかのパターンのお見積もりをいたしますので、お気軽にお問合せください。

 

ストリーミングコンテンツの制作

ストリーミングコンテンツの制作も、上記プロモーションビデオ制作の場合の料金とほぼ同様ですが、インターネット向けの配信の場合、カメラのグレードはそれほど高くないものでよくなります。

また、インターネット向けには長尺のコンテンツは向きませんので、時間を短くすることが多くなるため、通常のプロモーションビデオの制作より、若干安めの設定になります。

数分の簡単な商品説明のコンテンツ作成で、

15万円程度(総額表示)

から承ります。

詳しくは、ご要望に基づいて、いくつかのパターンのお見積もりをいたしますので、お気軽にお問合せください。


お問い合わせは以下のフォームから今すぐ!!
以下のフォームからお気軽に今すぐお問い合わせくださいませ。当社では、お問い合わせをいただきましてから、1営業日以内の返信を心がけております。

間違っていると連絡できません!

必須メールアドレスmail address
必須確認のためもう一度confirm mail address
必須お名前your name
フリガナassumed name
ご所属・ご職業occupation
電話番号telephone number
携帯電話番号mobile phone number
FAX番号fax number
郵便番号postcode
ご住所address
  1. 都道府県
  1. 市区町村
  2. 丁目番地
必須お問い合わせ内容inquiry body
ご依頼の内容について
以下は可能な部分だけ記載くださいませ。
撮影日時Date
撮影場所Place
撮影の拘束時間Total Time
撮影対象・撮影内容Target・Content
照明の必要性Lighting Requirement
納品物の時間尺Duration of Video
納品形態(VHS,DVDなど)Type of Product
マスターテープの希望Master Tape Requirement
納品物の本数Number of Product
納品時期の希望Delivery Time
カメラ台数の希望Camera Number
カメラマンの人数の希望Number of Camera Clue
現場の下見が可能か?
あるいはその必要性Pre-inspection Requrement
事前打ち合わせが可能か?
あるいはその必要性
Pre-meeting Requirement
画質へのこだわり
(カメラのグレード等)Image Quality
音質の希望
(会場のラインの可否など)Sound Quality Requirement
撮影方法の指定などVideo Shoting Rule
ビデオ編集の必要性
(高度な演出的な編集など)Video Edit Requirement
ナレーションの必要性Narration
テロップの希望Telop Requirement
ご予算Budget
お支払い方法の希望Way of Payment
そのほかのご要望Others
必須送信確認sending confirm


ビデオサンプル

Loading...

Twitter

お問い合わせ先

ストリームサービス株式会社
「@ビデオ撮影.net」担当

〒107-0061
東京都港区北青山2-10-20

お問い合わせは、なるべく各ページの下方にある「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

FAX:03-6413-7486

FAXでのお問い合わせの場合には「FAX見積もり依頼用紙」にてご連絡いただければ、対応が早くなります。

Mail: info@video-satsuei.net

お電話でのお問い合わせ
(営業電話はご遠慮いただいております。非通知の迷惑電話・無差別FAXが多いためは非通知発信は拒否しております。)

TEL:03-6413-7485

お見積もりの提出は、条件をつめさせていただいた上で行っておりますため、単なる料金のお問合せには電話での応対は難しくなります。料金をお電話でのお問い合わせの際には、事前にお問い合わせフォーム(メール)またはFAXにて先にご連絡いただけると対応しやすくなります。

「お問い合わせの前に」のページもあらかじめご確認くださいませ。